目に疾患がある時のレーシック


目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/12/11


読者様は、
ファスティング減量という減量法を
耳にしたことはあるでしょうか?

ファスティング減量というのは、
野菜や果物のジュースだけを飲みながら減量するというもので、
流行したりんご減量や、
朝バナナ減量と同じようなものです。

こうした方法って、体重が減るのは早いのですが、
その分リバウンドを起こしたり、体質を壊したり、肌がカサつくなど、
リスクが高いんですよね。

このような減量法は、
単に体重を落とすだけですので、肌のつやが失われ、
美しいプロポーションになるというよりも、やつれた状態になり、
体質への負担も高くなります。

食べないことで減量するのは安直過ぎますし、
数年後には健康に大きな問題が起こりますよ。

減量にふさわしい食べる事とは、
やはり野菜中心で、1食あたりに、
手の平ほどのサイズのタンパク質と、脂質を摂る必要があるそうです。

正しい減量には、タンパク質や脂質などの、
普通減量時には摂取するのを避けたいと思う食品が、
逆に健やかにボディサイズを減らすポイントになるのです。

しかし、ただ野菜を摂れば良いのではなく、
野菜の摂り方にも工夫が必要です。

野菜はビタミン類と食物繊維の宝庫ですが、
野菜スティックで食べるにしてもドレッシングの質が問題ですし、
野菜スティックだけでは食物繊維が十分に摂りにくいのです。

野菜は、生で食べることで得られる栄養もありますが、
加熱しなければ吸収されにくい栄養素もあります。

大きな野菜スティックボール一杯の野菜スティックより、
一鉢のきんぴらごぼうのほうが栄養は遥かに摂れるんですよね!




- お勧めサイト情報 -

叶内一彰へ
URL:https://www.youtube.com/watch?v=HERSLZJehbM
叶内一彰




脱毛 鹿児島の情報
URL:http://datumou-chihou.com/kagoshima/
脱毛 鹿児島の詳細




川元誠一は
URL:http://datazoo.jp/w/%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E8%AA%A0%E4%B8%80/3475631
川元誠一の紹介

ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる