目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。



目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/9/16

減量中は、日本酒を我慢すべき!と、
よく言われますが…

日本酒にもカロリーが含まれていますが、
そのカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、
肉体には吸収されにくいものなんだそうです。

アルコールのほとんどは肝臓で分解されるので、
日本酒そのものに含まれているカロリーは、
腸では吸収されないんですって!

それでも、
「日本酒は太る」というイメージが強いのは、
アルコールに食欲を増進させる効果があり、
おつまみを食べ過ぎることが多くの原因なんですね。

さらに、日本酒を口にする時間は、
食べると太りやすい時間帯なので、
「日本酒は太る」という俗説が定着してしまったんです。

減量中でも、
食欲やおつまみの選び方に気をつければ良いのですが、
日本酒と相性の良いおつまみは、カロリーや塩分が高く、
減量の天敵とも言えるものが多いんですよね!

なので、
減量と一緒に食べる料理の種類や量を上手くコントロールすれば、
減量の障害とはならないんです!

しかし、
日本酒の後に塩ラーメンなどを食べてしまったらアウトですので、
このような習慣は絶対に禁止!

おつまみなどにも注意して、
飲んだ後に塩ラーメンなども食べていないのに太っていくのは、
アルコールが体本来の代謝機能を低下させていることが原因です。

また、おつまみの塩分が多いことなどで、むくみが起こり、
太ったと感じる場合もあります。

減量中は、
飲み方や、おつまみの内容に注意し、
日本酒を飲む夜の時間帯は、太りやすいということを意識して、
お付き合い程度にしておきましょう。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる