適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2018/4/30


カロリー制限をしても、
なかなかダイエットが成功しない人たちの多くは、
体の中でカロリーを燃やすのに必要な栄養が足りないために、
うまく燃やせない体になっているようです。

「栄養いっぱい!」というと何だか太りそうなイメージがありますが、
実は逆なんですよね!

少ししか食事しなくても上手く燃やせなければ燃え残り、
燃え残れば、体にたまっていくのです。

これが
「食べてもいないのに痩せない」という状態なんですよね。
わし自身もそのような状態に陥ってました。

ダイエットを始めたときのわしは、
とにかく
「ダイエットなんて簡単!」とタカをくくってました。

ところが、24時間1,000キロカロリーしか食べていないのに、
全然痩せなかったんです。

「これしか食べてないのになんで痩せないの?」
「ダイエットが成功しないわしは呪われているんだろうか?」
と真剣に悩みました。

でも、今振り返れば単純なことでした。
「究極の栄養不足状態」だっただけなんですよね!

ダイエット中の食べ物を選ぶときに重要なことは
「カロリーが多いか少ないか」ではなくて、
「どれだけ脂肪や糖分を燃やすために必要な栄養が含まれているか」
ということなんです。

例えば、
「どうしてもショートケーキが食べたい」時、
カロリーを気にするのであれば、
一緒に飲むものは、少しでもカロリーを抑えるために、
ブラックコーヒーやストレートの紅茶を選ぶんじゃないですか?

でも、それはNGなんです。
ショートケーキ分のカロリーをしっかり燃やすために、
必要なビタミンやミネラルを含んだ
「野菜ジュース」や「100%のフルーツジュース」などを
一緒に飲むほうが
ダイエットの成功につながるんですよ!

適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう