適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2016/5/20


子育ての疲れ、弟への不満、そして姑との関係などなど
お母さんは色々な要因でストレスがたまりがち…

ストレスがたまると、
食べ過ぎてしまう人と、食べられなくなってしまう人の
2つのパターンに分かれるようですが…

みなさまは、イライラしたときに、
食べてしまう、食べられなくなってしまう
どっちのパターンですか?

食べてしまう人でも、
腹一杯になったら止められる、
その日1日だけで終わるのであれば、
ストレス発散になるので、それほど問題にはなりません。

しかし、どんどん食べてしまう。
さらに、満腹感もあまり無いという状態ならば、要注意です。

暇があれば、ショートケーキや甘いものを食べてしまう。
買い物に行けば、
大量におかしなどを買ってしまい、
それも1日で完食…

常に、食べることを考えてしまい、
食べられない時間があったりすると、イライラ。
食べた後に、また食べちゃったと後悔し、またストレスがたまる。
そして、また食べすぎに…
これでは、減量どころではありません

こんな現象が続いてしまうと生活習慣病になったり、
場合によっては、過食症になってしまう可能性もあります。
ストレスって怖いんですよね!

でも、
ストレスと言うのは、何かきっかけをつかめれば
軽減することも出来るんです。

ミーはドライブに行くことが、ストレスの解消になっています。

もし、ストレスがたまると食べ過ぎてしまうのであれば、
食以外にストレスを発散できるものを探してください。
友達に、話を聞いてもらうだけでもだいぶ違いますよ。

肉体の危険信号を見逃さず、きちんと対処して
減量を成功させましょう。

―地球滅亡まであと427日―
適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう