適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2015/3/20


私は、減量というのは「生活」だと思うんです。

決して一発の花火のように、
イベントとして1回やってそれで終わりというものではなく、
一生続けていく生活習慣だと思うんですよね。

だから、日常生活に無理なく溶け込める方法でなければなりません。
そのためには
「小さなことをコツコツと」続けることがとても大事だと思います。

例えば、運動。
スポーツジムに通うなど、
大きなイベントとして実行することができなくてもいいのです。
まとまった時間やお金を
減量に投資する必要なんてありません。

そんな風に行なった減量は、
時間やお金が続かなくなった時点でリバウンドして元通りです!

小さなことをいくつも実行し、つなぎ合わせていくほうが、
減量を長続きさせることになり、
ひいては大きな成果につながるはずです。

「小さなこと」とはどんなことかというと…
例えば、
・ライスは最低30回は噛むとか、
・お湯が沸くまでの間にラジオ体操を10回行うとか、
・エレベーターを使わずに階段を上るとか、
・テレビを見ながらラジオ体操を20回やるとか、

こういったほんの小さなことを少しづつ行うことで、
日常生活の中でも無理なく快適に
減量を取り入れることができるんです!

食生活でも、
大きく食事制限をするとか、
減量レシピを日々自分で作る
…などといった大きなことを行わなくても、

まずは
買おうとしているスナック菓子のカロリー表示を見るだけでも、
購入するスナック菓子自体に少しづつ変化が現れますし、
より低カロリーなスナック菓子等に少しづつ置き換えていけば、
やがて減量に大きな違いとなって表れてくるはずです。



適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう