適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2015/1/14


「板チョコダイエット」って
皆様聞いたことがありますか?

通常のダイエットと言えば、
「スナック菓子をやめる」とか
「甘いものを控える」などのイメージですが…
この法は三食きちんと食べた上で、
板チョコも食べるという
女性にとっては魅力的なダイエット法なんです!

板チョコそのものは高カロリーなのですが、
脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、
結果として体脂肪率は上がりにくくなります。

また、板チョコに含まれる
カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、
同じカロリーのものなら、板チョコを食べた方が
肥満につながりにくいと言われています。

食前に板チョコを食べると、
血糖値がすばやく上昇するので、
食欲が抑えられるのも、肥満の予防につながります。

他にも、板チョコには
集中力や記憶力を高める作用や、
疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、
栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。

板チョコと言えば、
「甘い」とか「スナック菓子」とか、
ジャンクフードのようなイメージがありましたが、
実は全然違って、たくさんの効果がある食品なんですね。

ただし、ダイエット効果を期待する場合は
カカオ含有量が70%以上の板チョコを選ぶようにしましょう。

70%以上カカオが含有されていると甘みが少ないので、
普通の板チョコとは、ちょっと違うように感じるかも知れません。

ダイエット効果がある板チョコ、
決して低カロリーな食品ではないので、
食べすぎには注意してくださいね。

適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう