レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2018/5/21


皆様は、
「ダイエットは辛くないと効果が出ない」とか
「辛いから効きそう」なんて思っていませんか?

ミーは、ダイエットだけでなく何事もそうですが、
楽しみながらやらないと長続きしないと思うんですよね。

例えば、子どもの頃、
習い事や何か新しいことに挑戦したことがあると思いますが、
その中で、長続きしたものや実になったものはどんなことですか?

たぶん、楽しみながらやったことだと思います。
楽しんでやることが出来たので、
長続きして、そして実になったんですよね。

ダイエットも同じことです。
辛いだけのダイエットだと長続きもしませんし、
中途半端に終わることでリバウンドも起こし、
実にもなりません。

しかし、
ダイエットを楽しむ事が出来れば、長続きして、
理想のスタイルを手に入れ、
さらには太りにくい身体になるという実がなります。

ダイエットを楽しむには…
食事制限をするのではなく、バランスの良い食事をすること。

さらに、無茶なトレーニングをするのではなく、
連日続けることが出来る
背筋などのトレーニングに変えてみましょう。

同時に、脳も楽しませて、やる気を出してもらいましょう。
脳をワクワク、ウキウキさせるには、
漠然とした願望ではダメです。

ダイエットをしてどんなスタイルになりたいのか、
どんな服を着たいのか、何をしたいのかなど
目的を明確にすること。
そして、それを忘れないように連日確認するのです。

ミーは、
理想的なスタイルのタレントの写真を
プリントアウトして
その写真の顔の部分に、自分の顔写真を貼り付け、
それを連日目の付くところに貼っています。

これで、ダイエットの目的が明確になり、
連日見ることで目的を忘れずにすみますよ!



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう