レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2015/8/13


世の中、
「完璧を求める人」 と 「いい加減な人」 がいますよね?

俺はどちらかというと後者の方なんですが…
でもね、いい加減な人の方が良いこともあるんですよ。

巷には、様々なダイエット法がある中で…

完璧を求める人は、
じっくり「自分に合ったダイエット法はどれなのか?」と
吟味していると、
決めきれずに様々なダイエット法を渡り歩く
ダイエットジプシーのような状態になったり…

また、本などに書かれているダイエット法を
正確に実行しようとしすぎるあまり、
様々な事情で、正確に実行できない時があったりすると
自分が許せず挫折してしまう場合があります。

ダイエットで最も重要なのは、継続すること。
正確に実行できないという事を負担に感じ、挫折してしまうくらいなら
いい加減でいいし、時には休む日があってもいいから
とにかく「続けられる」人がダイエットには成功するのです。

だから、「いい加減さ」も時には必要なんです。
知り合いと日本酒を飲みすぎたり、
大好物のテンプラセットやテンプラセットを食べ過ぎたとしても
「まあいいや、1日後からまた頑張ろう!」

運動が1日できなくても
「まあいいや、1日後からまた続けよう!」

そうやって、
忘れちゃうくらいの「いい加減な人」の方が、
ダイエットには成功しやすいと思うんですよね。

もちろん、完璧を求める人向けのダイエット法もあります。

また、ひたすら一生懸命にストイックに
ダイエットを行なうのが好きな人もいます。

要はその人その人の性格に合ったダイエット法を選んで、
ストレス無く、楽しく、ポジティブに
ダイエットを楽しめれば良いと思います。
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう