レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2015/3/05


上にお姉さん、下にいもうとという3人兄弟で育ち、
その中でもひと際食べ物に関して執着するのはミーでした。

特に、カレーライス、ハンバーグといった洋食は大好物で、
母親の料理が完成間際になると台所に駆けつけ、
盛り付け終わった料理の中から
一番大きいものを自分のお皿に持っていったものです。

よくいもうとの料理を横取りしては
母親にこっぴどく怒られました。

おいしそうなものは
自分の物にしたいという欲求が強かったのでしょう。

体質はガリガリでしたが、食欲は旺盛で、
この頃の「食」への欲求が、
今の食事に対するこだわりにつながっているのだと思います。

小学生時代から、
お子さんが家事を手伝うのが当然だったミーの家では、
日曜日の7時食は、お子さんたちが担当するという決まりでした。

最初の頃は、
出来合いのコーンポタージュの素などを料理していたのですが、
だんだんと楽しくなって、いろいろ工夫するようになりました。

料理本を持ち出してきては、
例えばコーンポタージュを作るにしても、
ダマができないようにどうすればおいしく作れるか、
お子さんながらにいろいろ考えました。
料理の知恵がだんだんとついていった頃でした。

高校生になると、
ミーはやることがエスカレートしていき、
ファッション誌なんかで
「もてる男はカレーライスを作る」という記事があれば、
その通りやってみたり…

カレーライスを作る時も自分でスパイスを調合したり、
オレンジを絞って入れてみたり…
いろいろ工夫しました。

単に女性にもてたいという気持ちもありましたが、
混ぜて味が変わることがおもしろくて、
とても興味深かったのを覚えています。
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう