レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。




レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2019/4/20

一年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
わしが
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
家内は「わしの乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は家内の方が車に乗る機会が多いので、
家内にとっては不便なのにもかかわらず、
わしが喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
わしは何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
わしが出掛ける時には、
家内はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「家内は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
わしに持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
わしは涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、わしはハッとしました。

連日作ってくれるライス…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに家内の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「わしはこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
わしの愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

わしは家内のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
わしが一方的にその愛情を与えるだけで、
家内の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

家内のことが好きだからといって、
その愛を家内に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう