レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。
妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2019/2/03

皆さんは
「国立病院シェイプアップ」というシェイプアップ法を、
聞いたことありますか?

これは、
アメリカの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
アメリカにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
このシェイプアップ方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院シェイプアップには
おかしな点もあります。

この国立病院シェイプアップとは、
どのような方法なのかというと…

と二週間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
シェイプアップ法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくいからだになるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しいシェイプアップ法だと思いませんか。

実際に
このシェイプアップ法を試してみた人の話では…

ふつか間は頑張ってみたそうですが、
3日目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、からだの調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院シェイプアップのほかにも、
怪しい危険なシェイプアップ方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

からだを悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。



レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう