あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2017/7/03


間もなく臨月を迎える嫁のウエストは、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張ったウエストを撫で回すのが、
最近のオレの楽しみと癒しとなっています。

ウエストを撫で回しながら、
嫁とお子さんのことについて話をするのもまた、
オレにとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは嫁に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
このお子さんの遺伝子は50%がオレ、50%が嫁でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
オレと嫁の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
オレと嫁は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、オレや嫁ではどう頑張っても持てないものを、
このお子さんは持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
オレの遺伝子を50%引き継いでいるということは、
オレの父とお母さんの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
嫁の父とお母さんの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの親の父とお母さんの遺伝子も引き継いでいて、
オレと嫁それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて…
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

このお子さんは、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。



あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

自分に見合ったレーシックの種類を把握
レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックとドライアイとの関係
気になるレーシック手術の使用器具
レーシックは妊娠中は避けるべき
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
最も気になるレーシックの治療費用
適性はレーシックの種類によって変わる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信用することの出来るレーシックを探そう