気になるレーシック手術の使用器具

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。

 

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2018/9/17

今は、インスタント塩ラーメンといえば
カップ麺と袋麺の2種類ありますが、
わたしが娘の頃は、まだ袋麺しかありませんでした。

世の中で最初のインスタント塩ラーメンと言えば、
昭和33年に発売された日清のチキン塩ラーメン。

チキン塩ラーメンは、
テレビの宣伝では知っていましたが、
発売されてすぐに食べたわけではありませんでした。

わたしはテレビで見る度に
一度は食べてみたいなと思っていました。

そして、とうとう、
チキン塩ラーメンを食べる日がやってきました。

たぶん日曜日だったと思いますが、
お母さんが午後食に
チキン塩ラーメンを作ってくれました。

あこがれのチキン塩ラーメン…
興奮に胸を躍らせながら、食べました。

しかし、その興奮はすぐに冷めてしまいました。
残念ながら、チキン塩ラーメンの味は
わたしの口には合わなかったのです。

やがて、 
スープと麺が別々に分かれている
インスタント塩ラーメンも発売されるようになりました。
これは、とてもおいしいと思いました。

一ヶ月に一度くらいは、
日曜日の午後食に
インスタント塩ラーメンを食べるようになりました。

わたしの家では、
インスタント塩ラーメンを食べる時には、
お母さんが巻ずしもつくりました。
塩ラーメンと巻きずしのセットメニューです。

巻きずしといっても中の具は、
良くてもほうれん草と玉子焼きぐらいで、
じゃことかつおぶしの時もよくありましたが…
わたしはこのセットメニューが大好きでした。

わたしの家の食卓によく出てくるインスタント塩ラーメンは、
テレビでよく宣伝している
いわゆるメーカー品ではありませんでした。

しかし、時々、
テレビで宣伝しているインスタント塩ラーメンも食べましたが、
いつも食べているのとおいしさは同じだと思いました。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる