レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。

 

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。





歯科医師 求人
URL:http://www.kujakukai.jp/
歯科医師 求人チェック


レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017/10/15

午前中一番多く食べて、
夕方にかけてご飯量を減らしていく、
「午前中大、夕方小」のご飯の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなのご飯パターンが、
午前中は忙しいのでちょっとだけ食べて、
13時はそこそこ食べる、
そして夕方に沢山食べるパターンです。

このようなご飯の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
午前中はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

午前中しっかりと食べることは
24時間のエネルギーを蓄える為にも重要な、
ご飯の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

午前中食べずに
13時と夕方のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっているご飯方法です。

逆に夕方はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕方食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多いご飯はとても太りやすい!
だからこそ夕方はご飯量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しいご飯の摂り方は、
午前中から夕方にかけて摂取カロリーを減らす、
「午前中大、夕方小」の食事の摂り方になるわけです。

午前中しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
夕方は脂肪の蓄積を抑えるためにご飯量を減らす。
これが太りにくいご飯方法であり、
健康面でもとても好ましいご飯の摂り方なのです。

午前中がどうしてもたくさん食べれないという人は、
13時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる